海外出張はじめました

英語の不安は、準備で解消しよう!

航空券の予約② ~ どのサイトを使って予約するか

      2017/10/30

フライトを決める際に考えておくべきこと

私の場合、海外出張の航空券の手配は、1)所属している会社がすべて手配してくれる場合、2)クライアントから航空会社・便名の指定がある場合、3)自分で予約と立替払と経費精算をする必要がある場合、の3パターンがあります。

1)2)の場合は何も考える必要がないのですが、3)の場合はこんなことを考慮しつつ、航空会社と具体的なフライトを決めて、予約しています。

  • 目的地までの所要時間 vs 予算 (当然、直行便だと楽ですが高い、経由便だと時間はかかりますが安い、です)
  • 経由便の場合は、どの空港を経由するか (空港の大きさによって乗換に必要な時間が結構違います。また、買い物・食事・カジノ等で時間をつぶせるか、喫煙所があるか、など)
  • 経由便の場合は、乗り換え時間はどの程度か (2時間くらいがベストだと思います。以下のような検索サイトで調べると、45分しか乗換時間がないフライトを提示されたりしますが、結構あぶないです。自分は間に合っても、預けた荷物が間に合わなかったりとか。逆に長すぎると、時間を持て余して辛かったりします。)
  • 自分が貯めたいマイレージプログラムが提携している航空会社か

まずは、SkyscannerかMomondoで相場観と航空会社を検索

フライト検索を提供するWebサービスは沢山ありますが、概ね2種類に分けることができます。

  • 個別の旅行代理店が運営するサイト: JTB, HIS, Expedia など
  • 複数の旅行代理店のまとめ検索を提供するサイト: Skyscanner, Momondo など

後者の場合は、たとえば、Skyscannerが「あくまでも安いフライトを扱っている旅行代理店を検索結果として表示してくれる(だけ)」、という建付けなので、実際の決済や変更・キャンセルなどの対応は実際の旅行代理店であるExpediaとおこなう、形になる点は留意しましょう。

でも、以前は、いくつかの旅行代理店に問い合わせをして条件を比較して、、、なんてかなり面倒な作業をこなしてましたが、後者のサイトを使えば、自分の希望するフライトの相場観と航空会社を一発であたりをつけることができます。ほんと便利になりましたね。

Skyscanner

無題2

Momondo

無題1

 

 

最終的には、航空会社のHPから直接予約することが多いです

その後は、この検索結果のなかから自分の希望する条件にあうフライトを選択して決済してしまえば、フライトの予約は完了なのですが、私の場合は、さらにもうひと手間かけて、同じフライトが各航空会社のサイトでどのような条件になっているか確認するようにしています。

  • 旅行代理店の割引チケット = 格安航空券(旅行会社が航空会社から仕入れた団体用の割引航空券を個人向けにバラ売りしているもの)
  • 航空会社の割引チケット = 正規割引運賃(航空会社が個人向けに設定している割引運賃)

基本的にそれぞれの違いは上記の通りですので、航空会社のサイトで直接予約した方が、同じエコノミークラスの運賃でもマイルの加算率が有利だったり、事前座席指定が可能だったりと、優遇されるケースが多いからです。

また、SkyscannerやMomondoでは、LCC(格安航空会社)はあまりカバーされていないので、念のため、google等で希望する路線にLCCが就航していないか最終確認はした方が良いかもしれないですね。

 

まとめ

実際に、フライトを予約する際のながれは、こんな感じです。

  1. 自分の希望するフライトのイメージをざっくり確認(予算、直行便か経由便か、経由地、乗り換え時間、アライアンス)
  2. SkyscannerやMomondoで、相場観と航空会社を確認
  3. 検索結果と、航空会社ウェブサイトでの同一条件フライトとの比較
  4. 念のため、LCC就航の有無を確認
  5. 予約

 - 海外格安航空券