海外出張はじめました

英語の不安は、準備で解消しよう!

誤解をまねく英語表現① ~ 議論する

      2016/05/11

ビジネス英語に対する考え方

仕事で英語を使うようになってから、かなりの期間になりますが、正直に告白すると、私はいまだに英語が苦手です。

とりあえず、お互いの言いたいことが誤解なく伝われば良いだろう、という考え方で、かなりサバイバル・イングリッシュで仕事をこなしています。

実際にこれまでなんとかなってきているので、”英語は習うより慣れ”ろというのは本当だな、と日々、痛感しているのですが、一方で、恥ずかしい失敗も数多くしてきました。

それどころか、一歩間違うと誤解を招いてあぶなかったなといったケースもありますので、英語に不安を抱えたたまま海外出張に挑まれる皆様のために、転ばぬ先の杖として、私の失敗談を恥をしのんでで公開します。

 

以下の例文のどこが危ないかわかりますか??

Tom:  Welcome to our office, Mr.Eitarou.  Nice to meet you.

Eitarou:  Nice to see you, too.  Today, I want to have a lot of arguments on our future

Tom:  Oh?!  something wrong with our contracts?

Eitarou:  ???

< 訳 >

Tom:  Eitarouさん、われわれのオフィスへようこそ。はじめまして。

Eitarou:  こちらこそ、宜しくお願いします。本日は、われわれの将来について、いろいろと議論したいですね。

Tom:  えぇ?! われわれの契約に何か問題がありましたか?

Eitarou:  ???

 

解説はこちら

こういう場面では、”Discussion”という単語を使うべきでした。

”Argument”という単語には、「ちょっと感情的になって、お互いの立場を主張しあう」くらいのニュアンスがあるみたいです。

実際、ビジネスミーティングの場面で、”Discussion”ほど頻繁に使われる単語はありません。

この会話で、もう少し前向きなニュアンスを出すとしたら、”Constructive Discussion”(建設的なディスカッション)とか、”Fruitful Discussion”(実りの多いディスカッション)とかにすべきでしたね。

英語では、”議論する”という意味の単語はたくさんあるのですが、どれも少しずつ意味が違います。難しいですね、、、

Discussion: お互いのアイデアをだしあって、具体的な結論を出そうとする

Argument: (ちょっと感情的になって)お互いの立場を主張する

Dispute: (冷静に)お互いの立場を主張する

Debate: 両方の立場で主張しあって、どちらの主張が正しいか決着をつける

Controversy: 賛否両論がいろいろでてくる

 - 出張中の英語