海外出張はじめました

英語の不安は、準備で解消しよう!

海外出張に持って行くカードの種類は?クレジット vs デビッド vs プリペイドの違いを理解する!

      2016/07/02

クレジット vs デビット vs プリペイド

海外出張時に、お店でのショッピングや、ATMでの外貨引出しにつかえる「カード」には、大きく分けて、「プリペイドカード」、「デビットカード」、「クレジットカード」の3種類があります。

それぞれの大きな違いは、カード所有者が実際に支払いをするタイミングの違いです。端的に言ってしまうと、

  • プリペイドカードは、「事前」に自分で入金しておいて、入金した金額まで使える
  • デビットカードは、使った時に使った金額だけ「即時」に自分の銀行口座から引き落とされる
  • クレジットカードは、「信販会社」が立替払いをしてくれるので、「後日」に自分の銀行口座から代金を引き落としされる

ということです。

 

したがって、プリペイドカードやデビットカードは、16歳以上であれば審査も必要なくカードをつくることができる一方、クレジットカードでは年収や資産状況に関する審査が必須になります。

こう整理してしまうと、では借金になるクレジットカードはやめておいて、プリペイドかデビットをつくろうかな、となりがちですが、“お得なカード”という観点では少し選択肢が違ってきます。

 

それぞれのカードサービスの提供会社はどこで儲けているのか?

“お得なカード”について考える前提として、それぞれのカードサービスをどんな会社が提供していて、その会社はどこで利益を得ている、考えてみましょう。

まずはどんな会社が、それぞれのサービスを提供しているかというと、

  • プリペイドカードは、「この決済の仕組みを構築して運営している会社」
  • デビットカードは、引き落としされる銀行口座を管理している「銀行」
  • クレジットカードは、立替払いをしてくれる「信販会社」

では、次にそれぞれの会社が、どこで利益を得たいと考えているかというとと、(わたしの推測も入ってますが)だいたいこんな感じではないか、と思います。

  • ・プリペイドカード: システム運営会社としては、決済システムの利用料として、カード所有者から利益を回収したい
  • ・デビットカード: 銀行としては、顧客囲い込みの一環としてサービスを提供しており、いずれ住宅ローンなどを利用してほしい
  • ・クレジットカード: 信販会社としては、顧客を囲い込んで、ショッピングのリボ払いやキャッシング利用者から利息を得たい。顧客層を広げて、多くのお店が受け取る加盟店料も増加させたい(また、お店の側でもポイント還元などでこれら顧客層を自社サービスの利用者としてに囲い込みたい)

 

カードの種別による為替手数料率の違いなど

ちなみに、以下の表は、各カードの年会費・為替手数料などの傾向をまとめたものです(いちおう実際のデータを参考にしていますが、ある程度の目安です。また、適用レートは各社で異なるもが、おおむね市場レートと同じくらいです)

これをみると、プリペイド~デビット~クレジットの順で、カード入手のコスト(年会費、審査)は低いが、利用時ののコスト(利用手数料、為替手数料)が高い。また、クレジットカードでは、ヘビーユーザーによる利息収入を見込んでいる。といったことが言えそうですね。

 
プリペイドカード
デビットカード
クレジットカード
(キャッシング)
クレジットカード
(ショッピング)
年会費
無料
無料~1,000円
無料~数万円
利用手数料/回
216円
216円
(無料もあり)
無料
(ATMによっては有料)
無料
(店によっては追加チャージ)
為替手数料
基準レート
+1.0~5.0%
基準レート
+1.5~3.0%
(手数料なし)
基準レート
+1.3~2.0%
支払利息
-
-
年率18%
(約1.5%/月)
一括払いなら手数料なし
リボなら年率18%(約1.5%/月)
ポイント還元
ほぼなし(マネパカードのみあり?)
0.2~2.0%くらい
-
0.5~10%くらい
保険
-
ショッピング保険(一部、旅行傷害保険)
ショッピング保険、旅行傷害保険

 

まとめ

海外出張で継続的に利用する立場でいくと、クレジットカードのキャッシング(かつ、繰上返済で利息を抑える)か、もしくは、クレジットカードのショッピングでポイントを貯める、というのが一番有利な選択肢、といえそうです。

実際に、私は、クレジットカードを複数枚もちつつ、予備としてデビットカードを1枚持っており、現地の空港に到着したら、預け荷物の受取場所(ベルトコンベアーの所)かArrival出口近くにあるATMで、クレジットカード(キャッシング)で現地通貨を引出しようにしています。

 - お金の準備・管理