海外出張はじめました

英語の不安は、準備で解消しよう!

海外出張に便利な「スーツケース」のおすすめ8選!

      2016/06/04

「スーツケース」選びの基準

 こんにちは、eitarouです。今回は、スーツケースのおすすめです。

預け荷物は、英語では、Check-in BaggageやHold Baggageという言い方をしますね。空港で荷物を預ける場所は、Baggage Dropといいます。

預け荷物に関しても、各航空会社でルールが決まっていますので、ご自分で利用される航空会社のルールを事前によく確認しておきましょう。

ANA・JALの国際線のエコノミークラスであれば、3辺の合計が158cm以内、重さが23kg×2個までとなっていますが、ビジネスクラスであれば32kg×2個まで、LCCでは20kgまでのところが多いようです。なお、LCCでは、預け荷物は1個からでも有料で、重さに応じて料金が変わるところも多いです。

実際の経験からいうと、スーツケースの場合は、キャリーケースとは逆に、サイズよりも、重さが重視されるように感じます。

空港で荷物を預ける際には、必ず秤にのせて重さをはかられることになりますが、サイズに関しては、わざわざメジャーを出してきて測られたりといったことはないように思います。

私の同僚(女性で細い)で、米国から日本へ帰国する際に重量オーバーで追加料金を取られそうになったところ、「あんな大きなアメリカ人と小柄な日本人が同じフライト料金なんて納得できない。1kgくらいの荷物オーバーぐらい大目に見てほしい。」と交渉して追加料金の支払いを免除してもらった、みたいな豪傑の話もききますが、普通のひとは、少しでも重量オーバーすれば追加料金を払うことになりますので注意しましょう。

スーツケースを選ぶ際には、3辺の合計が一応158cm以内で、出来る限り軽量のものを選びたいところです。

 

そのほか考慮するポイント

まず、(将来的に米国出張の可能性があるなら)TSAロックに対応していて、キャスターが4輪で自立することは重要です。もっとも、このあたりは、現在、販売されているスーツケースなら、しっかり対応されているものが多いと思います。

そして、「ハード」と「ソフト」では、断然、ハードの方を選びます。空港で荷物を預けたあとは、空港職員が荷物の取扱いをすることになりますが、海外ではとにかく荷物の扱いが荒っぽい(飛行機に積むときに放り投げたり、、、)ので、中の荷物を保護するためにもハードケースがベターです。また、空港の荷物回収コンベアーで流れてくるたくさんのスーツケースを見ると良くわかるのですが、ソフトケースは汚くなりやすいです。

最後のポイントは、見た目です。仕事である以上、あまり奇抜なスーツケースは避けたいところですが、到着地空港の荷物回収コンベアーでは同じようなスーツケースが大量に流れてきますので、ある程度、見分けがつきやすいように、色や形ですこし周囲と差別化できるものが便利です。流れてくる自分の荷物を回収し損ねたら、ベルトコンベアーがもう一度、回ってくるまで、ぼんやり時間をつぶすはめになります。

これらの点を踏まえて、私が選ぶおすすめスーツケースはこちらです。

 

スーツケースのおすすめ8選!

1位
SAMSONITE
Inova Spinner75
  • 重さ4.4kgで、容量はなんと100L。Cosmolite Spinnerみたいにもっと軽量のスーツケースもありますが、見た目のシンプルさも踏まえて私はこれを選びます。
  • H75 × W53 × D30 cm
  • 3辺の計: 158cm
  • 重さ:4.4kg
  • 容量:100L
  • 素材:ポリカーボネイト
  • ホイール:4輪
  • 外ポケット:-
  • TSAロック:あり
  • 参考価格:60,480円(Amazon:60,480円)
2位
SAMSONITE
AltaⅡSpinner76
  • Inova Spinner75と比べると、若干、重さはあるものの容量は同じくらい。黒は、シックな雰囲気があるうえに、カーボンを彷彿とさせるパターンでカッコいい。
  • H76 × W51 × D31 cm
  • 3辺の計: 158cm
  • 重さ:5.0kg
  • 容量:98L
  • 素材:ポリカーボネイト
  • ホイール:4輪
  • 外ポケット:-
  • TSAロック:あり
  • 参考価格:89,640円(Amazon:84,240円)
3位
RIMOWA
Salsa Delux 87L
  • シルバーがないのが残念だけど、素材がポリカーボネイトだし、むしろ黒の方がカッコいいかな。より軽量なSALSA Airってのもあるけど、正直、色がちょっと、、、
  • H78 × W52 × D28 cm
  • 3辺の計: 158cm
  • 重さ:5.1kg
  • 容量:98L
  • 素材:ポリカーボネイト
  • ホイール:4輪
  • 外ポケット:-
  • TSAロック:あり
  • 参考価格:89,640円(Amazon:89,640円)
4位
TUMI
Tegra-Lite Max
  • 3位までと比べると、重さもあるし、容量も少な目だし、価格も高めなんだけど、単純に見た目の好みで選択。フロントポケットから、中の荷物にアクセスできる機能性のもいい。
  • H74 × W51 × D33 cm
  • 3辺の計: 158cm
  • 重さ:6.5kg
  • 容量:91L
  • 素材:テグリス
  • ホイール:4輪
  • 外ポケット:あり
  • TSAロック:あり
  • 参考価格:167,400円(Amazon:122,470円)
5位
ACE
パリセイドF
  • 重さ、容量、見た目のシンプルさと、すべてがバランスよく纏まっていて、価格もリーズナブル。若手のひとが選ぶスーツケースとしては充分すぎる感じ。
  • H75 × W52 × D30 cm
  • 3辺の計: 157cm
  • 重さ:5.4kg
  • 容量:90L
  • 素材:ポリカーボネイト
  • ホイール:4輪
  • 外ポケット:-
  • TSAロック:あり
  • 参考価格:36,720円(Amazon: 36,720円)
6位
RIMOWA
Topas 85L
  • 重さはあるものの、容量としてはそこそこ。本格的過ぎて、若いうちに持つのはちょっと勇気がいるけども、いつかは手に入れたい。一生ものですね。
  • H78 × W51 × D29 cm
  • 3辺の計: 158cm
  • 重さ:7.0kg
  • 容量:85L
  • 素材:アルミニウム
  • ホイール:4輪
  • 外ポケット:-
  • TSAロック:あり
  • 参考価格:145,800円(Amazon:144,800円)
7位
ZERO HALLIBURTON
ZRP-FⅡ
  • デザインと質感ではすごく好みです。重さと容量という点では、ちょっとほかよりも厳しいかな。他人とブランドが被りにくいという意味では良いかも。
  • H77 × W54 × D26 cm
  • 3辺の計: 157cm
  • 重さ:6.3kg
  • 容量:77L
  • 素材:ポリカーボネイト
  • ホイール:4輪
  • 外ポケット:-
  • TSAロック:あり
  • 参考価格:97,200円(Amazon:109,000円)
8位
VICTORINOX
スペクトラ29
  • ブリーフケース・キャリーケースのデザインは好きなんですけどね、スーツケースはちょっと。でも好きな人は好きだろうなあ、こういうの。
  • H75 × W45 × D27 cm
  • 3辺の計: 149cm
  • 重さ:4.0kg
  • 容量:73L
  • 素材:ポリカーボネイト
  • ホイール:4輪
  • 外ポケット:-
  • TSAロック:あり
  • 参考価格:66,000円(Amazon: 54,358円)

*参考価格は定価、Amazon価格は2016年5月21日時点です。

*当サイトの掲載内容は定期的に確認を行い、正確な最新情報の掲載を心がけておりますが、掲載内容を保障するものではありません。

 

SAMSONITE公式オンラインショップで、ほかの製品もさがすならこちら
サムソナイト公式オンラインショップ
ACE公式オンラインショップで、ほかの製品もさがすならこちら

 - 出張カバン