海外出張はじめました

英語の不安は、準備で解消しよう!

海外ホテルのWeb予約 ~ ホテル選びの際に見ておきたいポイント

   

宿泊予定の地域を決める

海外出張で宿泊するホテルを選ぶ際に、まず決める必要があるのがホテルの場所です。純粋な海外旅行でしたら時間に余裕があるでしょうから、目的地を決めてしまえばホテルの雰囲気・グレードと料金を考慮して決めてしまうのですが、ビジネスで海外出張の場合は、まずは「空港からホテルまで」、「ホテルから訪問予定先まで」の交通機関へのアクセスと渋滞情報を考慮した所要時間を頭に入れておく必要があります。

長期間のフライトを終えて、ホテルまでのタクシー移動が渋滞にはまると疲れも倍増ですし、あなたが上司や取引先を引率する立場であれば、同乗者のイライラに神経まですり減らす、ということになりかねません。

また、海外でも大都市であれば、朝や夕方の通勤ラッシュの時間帯は、タクシーがつかまらなかったり、渋滞にはまって車が動かないということは良くあるので、訪問予定先の近くのホテルを取るほうが何かと安心です。

渋滞や遅刻のリスクを極力減らすという観点では、地下鉄や鉄道などの公共交通機関を使うこと選択肢だと思いますが、駅から/駅まで出張用の大きな荷物を引いて歩いても無理がないくらいの距離でホテルを選ぶのは、とても重要です。海外の道路は舗装状態が良くないことも多いので荷物を引いて歩くと、かなり疲れます。

空港近くに一泊して飛行機を乗り継ぐ場合には、エアポートホテルも便利なのですが、エアポートホテルと言っても空港に隣接というところは少なく、シャトルバスの移動で思ったより時間がかかる、なんてことも多いので注意しましょう。

 

ホテルを選ぶ

 

シティホテルか郊外型ホテルか

宿泊したい地域におおよその目安がついたら、ホテルのタイプを選びます。私の場合は、その時に同行者や体調にあわせて、外食などに出かける機会が多そうなら周囲に連とランなどの多い「シティホテル」、部屋でのんびり過ごす時間が多そうなら「郊外型ホテル」という選び方をしています。エクスペディアなどのホテル検索サービスでは、検索のホテルを地図上に表示する機能がついていて便利です。

 

部屋の大きさ・ベットのタイプ

宿泊する部屋を選ぶ際に、部屋の大きさは大変大事です。ホテルランクが高くて、投稿されている部屋の写真がきれいで安心していたが、チェックインしてみたらスーツケースが広げられないほど狭かった(ひどい場合は、外に面した窓がないことも)、なんてこともあります。

部屋の広さを取るか、綺麗さを取るかは、個人的な好みの問題もあるでしょうが、狭い部屋で旅の大荷物を広げる(狭い洗面所でアメニティーの置き場にも困る、とか)は、非常にストレスになるので、私は断然、広さを重視します。

ホテル検索サイトで部屋の広さが明記してあれば良いですが、明記されていない場合でも、ツインの部屋を選べば最低限の広さは確保されているケースが多いように思います。逆にダブルベッドの部屋を選ぶと、確かにベッドは広いけども、部屋の中でベッドが場所を取りすぎて圧迫感がすごい、なんてこともあったりします。

 

バスタブ・シャワー

日本人にとって、長旅の疲れを取ってリラックスするうえで大事なのは、やはりお風呂でしょう。海外のホテルではシャワーしかないところも多数ありますから、バスタブがついているかどうかもチェックしましょう。

可能であれば、口コミをみて、シャワーの水圧・お湯が出るかどうか、についての不平・不満がないかどうかも確認しておいた方が良いです。勢いよくお湯が出るなんて日本人にとっては当たり前のことなので見落としがちですが、海外ではそこそこ良いホテルでも、ちょろちょろとぬるいお湯が出るだけ、なんてことも意外と多いです。

 

フリーWifi

ビジネスでの出張であれば欠かせないのが、ネットワーク環境です。今は、多くのホテルでWifi環境は整っていますが、有料であったり、郊外型ホテルではそもそもWifiがないホテルもあったりします。

 

朝食

朝食は宿泊料金に含まれているプランと、含まれていないプランがありますので、予約時に確認をしておきましょう。予約時に朝食込にしていなくても、後から朝食をつけてもらうことも可能な場合が多いですが、やや割高になるイメージがあります。

日本人がイメージする欧米型の朝食でソーセージや玉子料理がつくのは「イングリッシュ(アメリカン)・ブレックファースト」と言われます。「コンチネンタル・ブレックファースト」となっている場合は、パン・シリアル・ジュースだけの簡素な朝食になります。

 

クリーニング

長期滞在するのであれば、クリーニングの問題が出てきます。シティホテルでは、クリーニングサービスを提供していることもありますが、値段は非常に高いです。また、地域によってはホテルの近くにコインランドリーがあったり、アパートタイプのホテルであれば施設内にコインランドリーが設置してあることもあります。

 

駐車場

レンタカーでの移動を移動を考えているのであれば、駐車場の有無とその料金も事前に確認しておく必要があります。都市部のホテルでは駐車料金がやたらと高いことも多く、無料駐車場付の郊外型ホテルなら、もっとグレードの高いところに泊まれたな、と後悔することもしばしばです。

 

スポーツジム・会議室などの付属施設

そのほか、ご自身のこだわりや出張目的に併せて、スポーツジムや、ホテルでの商談・打ち合わせにつかえる会議室の有無、及びその利用料金なども確認しておきましょう。

 

決済条件

 

クレジットカード事前決済か、現地払いか

ホテル代金の支払い方法には、「クレジットカード事前決済」と「現地支払い」があります。

エクスペディアホテルズドットコムでは「クレジットカード事前決済」、Booking.com では「現地支払い」が主流になっています。   
「クレジットカード事前決済」のメリットは、円で支払額が事前に確定することのほか、領収書を後日まとめてWebサイトから印刷できるので領収書管理の手間が省けることです。

ただし、事前決済と思い込んでいて領収書をもらっていなかったが、実は現地決済だった、という場合には、自分で現地ホテルと交渉して領収書を再発行してもらわなければなりません(ホテル検索サービスは、この交渉を代行してくれません)。日本と違って、海外ホテルは対応が非常に鈍かったりして、すごく時間がかかったりするので気をつけましょう。

「現地払い」であれば、領収書のもらい忘れはないと思いますが、予約時点から実際の宿泊日までの為替変動に応じて宿泊費も上下しますので、為替が悪い方に振れた場合には会社の宿泊費規定を超過してしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

キャンセル料金とチェックイン可能時間

その他、「事前決済」と「現地払い」に共通して気を付けておきたいのは、キャンセル料金の発生条件(ホテル・プランによって違います)とチェックイン可能時間です。特に、チェックインについては、都市部のホテルであればフロントが24時間オープンの場合が多いですが、郊外型ホテルでは決められた時間までにチェックインしないと自動で予約がキャンセルされキャンセル料金が課金される(ノーショウ)、こともあります。

 - 海外ホテル