海外出張はじめました

英語の不安は、準備で解消しよう!

国際線で、空港に到着してから飛行機に搭乗するまでの流れと、注意したいポイント

   

はじめて海外へ渡航される方がまず戸惑うのは、実際に飛行機に乗り込む前に必要な、空港での手続きの煩雑さではないでしょうか。

新幹線の場合は切符さえあれば改札を通って列車に乗り込むだけで済みますが、国際線の飛行機で国外へ出る場合には、単純に航空券を持っているかという確認だけでなく、以下にあげるような諸々の確認や検査をうける必要があります。

  • チェックイン及び機内への預け荷物
  • 保安検査(手荷物検査)
  • 税関申告書への記入
  • 出国審査
  • 搭乗口への移動

 

チェックインは何のためにするの?空港で、それとも事前にネットで済ませておく?

 

空港へ到着したら、なにはともあれ真っ先に済ましておくべきことは「チェックイン」です。日本語では「搭乗手続き」と呼びます。出発ロビーについたら、まずは搭乗予定の航空会社カウンターへ行きましょう。

ここでは、単に航空券を持っているかだけではなく、以下の確認も併せて行い、これが完了したら、「ボーディングカード(搭乗券)」と「預け荷物の引換証」を受け取ります。

なお、チェックインは、空港カウンターにて航空会社の職員にお願いすることもできますし、カウンター横にずらりと並んでいる「自動チェックイン機」で自分で行うこともできますが、いずれにして出発時間が迫ってくるともかなり混雑し、時間がかかるのが難点です。このため、ファーストクラス・ビジネスクラスやマイル上級会員に向けて、優先カウンターが設置されていることが多いです。

個人的には、(エコノミークラスの利用予定であれば特に)、航空会社のホームページを通じて、Webチェックインしておくことを強くお勧めします。一般的に出発の24時間前からチェックイン可能となり、完了すればメール等でボーディングカード(搭乗券)も送られてくるので、空港ではバッグを預けるだけとなり、かなり時間の短縮になります。また、この際に座席指定をすることも可能なので、早めに希望する座席を予約することができます。

 

チェックイン後、手荷物検査の前にしておきたいこと

 

チェックインとバゲージドロップ(荷物預け)が完了したら、早速、手荷物検査場・出国審査へ向かいたい所ですが、その前に、以下を済ませておきましょう。手荷物検査場を超えると、出発ロビーには戻ってくることができません。

チェックインが終わるとほっと一息入れたくなるものですが、この先まだまだ時間のかかる(かもしれない)手続きがあります。お土産を買ったり、ラウンジで休んだりは、旅慣れてきて時間が読めるようになってからの方が良いでしょう。

 

レンタルWifiを受け取る

海外で使えるWifiルーターが必要であれば、ここでレンタルしておきましょう。また「空港受取り」で事前予約をしている方は、受け取りを忘れないように(やってしまいがちなミスです)。出国審査を過ぎると、渡航先に到着・入国するまでWifiレンタルの窓口はありません(到着後にあるのも現地のWifiレンタル会社です)。

 

外貨両替をしておく

クレジットカードを持っていれば渡航先のATMでキャッシングするのが一番お得だと思いますが、空港にて手持現金を外貨に両替しておきたいという方は、出発ロビーにある外貨両替所・銀行を利用するのが良いと思います。手数料はあまり変わらないですが、出国審査後・搭乗口までにある両替窓口は行列になっていることが多いです。

 

トイレに行っておく

出国審査後・搭乗口までの間にもトイレは沢山あるのですが、どうした訳か個室の方は結構ふさがっていることが多いようですので、できれば早めに済ませておきましょう。

 

タバコを吸う

日本やアジアの国では、出国審査後・搭乗口までの間にも喫煙所があるので心配ありません。ただし、欧米の多くの国では保安検査場を過ぎると渡航先に入国するまで完全に禁煙です。フライト時間の長さによって、この先、10時間以上もタバコを吸うチャンスはありません。最後の一服を楽しみましょう。

 

保安検査(手荷物検査)にのぞむ際に気を付けたいこと

 

チェックインを終えると保安検査場へ向かいます。いわゆる手荷物検査です。

機内持込み手荷物に危険物がないか所持品のX線検査を受けます。ベルトコンベアーの上にプラスチックのトレイをのせ、この中に手荷物をすべていれましょう。その後、自分自身は金属探知機のゲートをくぐって検査を受けることになります。

旅慣れてくるまでは、この検査の際にバタバタしてしまい恥ずかしい思いをしてしまいがちです。以下のような点を踏まえて、あらかじめ準備しておきましょう。

 

パスポートと搭乗券は手に持っておく

保安検査を受ける前に、本人確認・搭乗便の確認ために、パスポートと搭乗券を係員に見せる必要があります。たまにバッグの奥底にしまいこんでしまっていてゴソゴソしてしまう方もいるのですが、このあとの出国審査でも提示する必要がありますので、すぐに見せられるように手元に準備しておきましょう。

 

パソコンやタブレットはすべてカバンから出してトレイに並べる

パソコンやタブレットは、すべてカバンから出して、トレイに並べたうえで、手荷物のX線検査を受ける必要があります。こちらもパソコン専用の衝撃吸収カバーなどに入れて、カバンの中の取り出しやすい場所に、あらかじめ入れておきましょう。

 

液体は透明な袋に入れてトレイに並べる

液体物の持ち込みは、100ml以下(かつ、100g以下)と定められていますので、基本的にペットボトルの飲み物など大きな容量のものは持ち込めません。飲み物は、飲み切ってしまい、出国審査後に売店や自動販売機で購入しましょう。

また、液体物にはジェルやスプレー(エアゾール)も含まれ、歯磨き粉やシェイビングクリームなども身だしなみに関するものも対象になります。これらは、容量1リットル以下のジッパーのついた透明プラスチックの袋(ジップロック)に入れたうえで、手荷物検査のトレイに並べるようにします。これが面倒であれば、旅行用に100ml以下の小さいものを準備しておくか、預け荷物としてスーツケースに入れてしまうか、ですね。

 

海外では、ベルトを外し、靴も脱ぐよう指示されることも多い

日本からの出国時はそこまで厳しくないのですが、海外の空港保安検査では、ベルト・靴・アクセサリー類ももすべて外したうえで、トレイに入れて検査を受けるように言われることも多いです。ビジネスシューズの靴ひもは緩めておいた方が良いかもしません。

 

ポケットの中は空にしておく

この後ようやく、自分自身が金属探知機のゲートをくぐって検査を受けることができますが、この際、ポケットの中はすべて空にする必要があります。ポケットの中の物をいちいちを取り出すのが面倒であれば、小物は全部、上着のポケットにいれるようにして、上着ごと手荷物検査のトレイに入れてしまえば簡単です。

 

高級な腕時計などをしている方は税関申告をお忘れなく

 

保安検査が終わったら、出国審査へ進みますが、この前に以下に該当する方は税関申告書に必要事項を記入し手置く必要があります。記入用紙は出国審査前のテーブルに置いてあります。

  • 腕時計等の外国製品を持ち出す方
  • 100万円相当の現金を持ち出す方
  • 輸出免税物品を持ち出す方

特に高級腕時計や貴金属類を身につけている方は、申告しておいた方が無難です。特に、かなり使い込まれているものであれば問題ないと思いますが、新品に見えるものを身につけている場合には、出国時に申告しておかないと、帰国した際に外国で購入したものとみなされて課税される可能性があります。

 

出国審査は「自動化ゲート」が便利

出国審査

日本から海外へ出国する際の審査は驚くほど簡単です。パスポートカバーを外したうえで、係員にパスポートと搭乗券を見せて、渡航目的や帰国予定を聞かれるだけで1分もかからずに終わります。

ただし、海外から出国する際には、いろいろと聞かれることがありますので、少し注意しておいた方が良いです。特に、短期間で複数の国をまたがって移動している場合には、職業は何か、いつ入国したのか、この国で何をしてきたのか、などと詳細に聞かれることがあります。

わたしの失敗談としては、入国時にパスポートにおされたスタンプはどこにあるのか、と質問されて、なかなか見つけることができず、他の係員も呼ばれてかなり難儀した思い出があります。パスポートに、出入国スタンプが増えるのはちょっと思い出が増えるようでちょっと嬉しいものですが、出国前には入国のスタンプがどこにあるか、簡単にでも探しておいた方が良いかも知れませんね。

 

自動化ゲートへの登録

海外出張や旅行で渡航する機会が多くなってきたら、おすすめしたいのが「自動化ゲート」への登録です。出国審査前にも長蛇の行列ができていることがよくありますが、自動化ゲートへ登録しておけば、行列にならんで審査を待つ必要がなく、時間短縮にもストレス軽減にも繋がります。

自動化ゲートを利用するための手続きは、フライトの当日でも可能です。出国審査を受ける前に、審査場近くの登録カウンターで、申請書に記入し、パスポートを見せ、指紋の登録をするだけです。その後はパスポートの有効期限前まで継続して使用が可能となります。

 

出国審査を通過したら搭乗口へ

 

ここまで終わって晴れて、自分のフライトの搭乗口まで行くことができます。

ようやくほっと一息ついて、空港ラウンジで時間をつぶす、レストランで食事、免税店で買い物などなど、ゆっくり過ごしたいところですが、わたしとしてはその前に、自分のフライトの搭乗口まで実際に行ってみることをおすすめしたいと思います。

国際線が発着する空港は極めて広いことが多く、搭乗口が空港ターミナルの端の方にある場合には、思ったよりも時間がかかることもあるので、一度、搭乗口まで行ってみてから、どのくらいの時間がかかるのかの感触を掴んでおきましょう。

また、搭乗口にはBoarding Time(搭乗予定時刻)の10分前までに行くようにします。Departure Time(出発時刻)よりも、かなり早い時間に設定されていますので、ご注意を!

 

 - 出発から帰宅まで