海外出張はじめました

英語の不安は、準備で解消しよう!

盗難への備え ~ 事前の対策、現地での対策、そして、盗難にあってしまったら

   

国内出張と海外出張で感じる大きな違いは、日本の治安の良さです。実際、日本ほど治安が良く、夜中に繁華街を出歩いていても不安を感じずに済む国は、他に経験したことがありません。

とはいえ、海外出張の最中に暴力事件等に巻き込まれたという話はあまり聞きません。一方で、盗難の被害にあったとことがあるという人には良く出会います。

私も経験したことがありますが(といっても、多少の現金とクレジットカードの入った財布を置き忘れて紛失しただけですが)、出張先で盗難の被害にあうと、金銭的なダメージだけでなく、クレジットカードの停止措置など、ただでさえ慌ただしい海外出張の最中に、余計な手間も抱え込むことになります。

盗難・紛失の被害にあうことのないよう、また万一、被害にあった場合の対応も考えたうえで、万全の準備と心構えのうえ海外出張へお出かけください!

 

(事前の対策)海外旅行保険でカバーされる範囲を事前に確認し、重要な情報はあらかじめメモをとっておく

 

海外旅行保険に加入しておく

海外に行く前にできる盗難対策があります。厳密には盗難にあったときに身を守るためにできることということです。それは、まず海外旅行保険に入っておくということです。

海外旅行保険には、いくつか種類がありますが、重要なのは海外での病気やケガの治療費用や救援者費用と、自分の持ち物が盗まれたりした時の携行品損害用です。携行品と言っても、バッグ、カメラ、時計、衣類、さらに宿泊券や旅行券など様々あります、

なお、わざわざ新規に海外旅行保険に加入するまでもなく、クレジットカードをお持ちの方は、クレジットカードに海外旅行保険が付帯して契約されている場合がありますので、そちらも内容を確認しておきましょう。

 

加入した海外旅行保険の補償範囲を確認し、重要情報はメモしておく

加入した海外旅行保険が、どの携行品を保険対象にしているかを確認しておくことも大事です。補償対象となる物であっても、補償額には上限があり全額補償してもらえるとは限らず、基本は時価払い(新品で購入した時の価格から使用期間分の価格を引いた額)となります。

また、保険の対象となる状況は、盗難やひったくられた場合などで、紛失や置き忘れなどは保障されないことが一般的です。しかし、現地での出来事は保険会社には分からないため、被保険者による虚偽報告も可能となります。このため、保険会社に補償を請求する際には、警察に発行してもらう盗難証明書の提出を求められたり、盗難された状況や物を詳細に聞かれたりもします。

これらの情報は、出張前にすべて確認できていればそれに越したことはないですが、実際には盗難等にあってから保険会社等へ連絡して確認する場合も多いと思いますので、保険会社やクレジットカード会社の連絡先、重要な物の製品番号や情報などは、事前にメモを取って服の内ポケットや現金入れ(盗まれないような位置にある前提です)などに入れておくようにしましょう。

 

(現地での対策)現金は分散し、盗難にあいやすい場所を避け、荷物の持ち方を工夫する

海外での盗難の被害を受けて一番困るのがお金でしょう。保険の対象にもなっていませんので細心の注意を払わなければなりません。日本にいる感覚だとかなり危険です。初めての海外出張では気をつけていても、出張経験を重ねるにつれて、「これまでは大丈夫だったし、今度も大丈夫だろう」という慢心を生み、被害につながることがあります。

お金の種類と保管場所の分散

海外出張中は、できるだけ現金を持つことを避けて、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなどで管理しておくのも一考です。使えるお金の所在や種類を分けておくことでリスクの分散につながります。万が一、紙幣と硬貨を盗難されても、クレジットカードでキャッシングを行ったり引き下ろしたりすれば、当面の問題は解決できます。

また、現金やカード類をひとつの財布にいれておくの避けましょう。ウエストポーチの中や、鍵付きの旅行カバン、スマホケースなど、入れておく場所そのものも分散させることによって盗難にあったときのリスクを抑えることができます。

ホテルには、セーフティボックスや金庫がありますが、スタッフがマスターキーを持っている可能性もあり、あまりに信用をおいて使うことはおすすめしません。本当に大事なものは、分散させたうえで、身に着けておくのが一番だと思います。

 

現金を人前で出さない

さらに、現金は必要な分だけをあらかじめ財布に入れておき、多額の現金を人前で出すのは控えるようにしましょう。多額の現金を持ち歩いていることを知られると、知らず知らずのうちに盗難や強盗のターゲットとなり、人気のない場所で被害にあう可能性があります。

特に、物価の安い国に行くと、自分では少額と思っている金額でも、現地の人からすれば給高額であることも珍しくありません。人気のない場所に行かないようにするのも盗難対策のひとつです。

 

盗難にあいにくい形で持ち歩く

海外の街を出歩くときの鞄は、ボディバッグやウェストポーチなど体に密着させられるものが使い勝手が良いです。

私の場合は、服の上とは別に、現金やカードを入れた薄手のウェストポーチを服の下に着用します。リュックは無理矢理はぎとられたり、後ろから気付かない間に探られるリスクが高いのであまりおすすめできません。ウェストポーチやボディバッグでも、体の前方で持つようにすれば、盗難対策にもなりますし、すぐに切符やガイドブックなど必要なものを取りだせるので便利です。

 

(盗難にあってしまったら)保険会社・クレジットカード会社へ相談して、現地の警察に届ける。最悪の場合は、日本大使館へ相談する

入念な準備や対策をしていても、盗難の被害に逢ってしまうことは有りえます。不慣れな海外で、絶対ということは有りえませんので、最悪の場合を想定して事前に対応を考えておきましょう。

 

By: Mic

まずは保険会社やクレジットカード会社へ相談

実際に盗難にあった場合一番にするのは、加入している保険会社やクレジットカード会社へ連絡や相談をすることです。いずれも24時間対応の海外旅行保険専用の受付窓口があります。電話が通じればその盗難事故の受付をしてくれますので、盗難の状況を詳しく説明しましょう。

 

現地の警察で盗難証明書を発行してもらう

そして、多くの場合、現地の警察に盗難届をだして盗難証明書を出してもらうよう言われますので、従うようにしましょう。

しかし、盗難証明書発行に盗難状況や盗難品の詳細を現地に警察に伝える必要があり、現地の言語でコミュニケーションが難しかったり、警察まで行ける状況でない場合もあり得ます。証明書発行が無理だと思った時は、その旨を保険会社に伝え相談しましょう。

盗難証明書が記入漏れなどの不備のある状態で提出すると補償を受けらませんが、交渉次第では念書などを書くことで支払われることもありますので、保険の担当者と真摯に交渉する方がよいでしょう。ちなみに、保険会社への報告は30日以内にしなければ補償対象外になるという契約が多いので、事前に確認しておきましょう。

 

最悪の場合は、現地の日本大使館へ相談する

全ての荷物を奪われて、保険会社への連絡さえもままならなかったり、パスポートまで盗難に逢って、身動き取れなくなってしまった場合は、真っ先に日本大使館に相談しましょう。

日本大使館では、直接犯人を捕まえたり、帰国の費用を貸してくれたりはしてくれませんが、警察への届け出のサポートや日本からの送金方法に関する相談、帰国のための渡航書の発行などをしてくれます。

逆に言えば、日本大使館への行き方、連絡先だけはなんとか覚えておくか、確保しておく必要があります。ただし、日本大使館がない国もありますので、出張前に大使館の有無を確認し、大使館がない場合の緊急連絡先も確認しておきましょう。

 - リスク管理と保険, 出発から帰宅まで