海外出張はじめました

英語の不安は、準備で解消しよう!

海外出張の手配に、旅行会社を利用するメリットとデメリット

   

旅行会社なのか、旅行代理店なのか?

インターネットが普及して、海外格安航空券や海外ホテルの検索・予約サービスが一般的になるまでは、海外旅行の手配が必要になると、出来るだけ安くてサービスの良さそうな旅行代理店を探したものです。

いまでも大手企業で働いている方が、海外出張へ出かける際には、その会社と提携している旅行代理店や、自分の会社(もしくはグループ会社)の旅行代理店などで、航空機チケットやホテルの手配をお願いするという方も多いかもしれませんね。

ちなみに、昔はみな「旅行代理店」という呼び方をしていたと思いますが、最近では「旅行会社」という言い方も良く耳にするようになりました。

旅行業者は、旅行業法という法律で「旅行業」と「旅行業者代理業」の2つに分けられています。

「旅行業」は業務範囲により、以下らのとおり、さらに3 種類に分けられますが、簡単にまとめると国内と海外の旅行の企画や手配、相談ができます。

  • 第1種:国内・海外パッケージツアーの企画、及び、国内・海外旅行の手配
  • 第2種:国内のパッケージツアーの企画、及び、国内・海外旅行の手配
  • 第3種:国内・海外旅行の手配のみ

「旅行業者代理業」は、旅行の企画を行うことはできず、所属する旅行業者の旅行商品を代理として販売するだけになります。

現在は、旅行企画ができる会社を「旅行会社」といい、企画された旅行商品を販売しているだけの店を「旅行代理店」という呼び名を使うことが一般的となっていますが、JTBやHISといった大手の旅行会社は企画も直営店舗での販売も行っているので、やや紛らわしいですね。

 

海外出張の手配に旅行会社を使うメリットとは?

旅行会社では、オリジナルでプランニングする企画(いわゆる募集型ツアー)をだすこともあれば、旅行者からの依頼によって旅行計画を作成することもあります。さらに、ホテルや航空券などの予約を旅行者に代わって手配も行います。

 

手間の省略

今は、格安航空券海外ホテルをWeb検索して自分で予約できるようにもなってきましたが、それでも、特に初めての海外出張であれば、航空券の手配や空港からホテルまでの移動手段の確保、ホテルの予約などをすべて自力で行うのは、意外に手間がかかるものです。

手数料などがかかることにはなりますが、旅行会社と相談しながら、旅行の計画作成と手配をしてもらえるのであれば、手間の省略という意味では非常に大きなメリットがあります。

 

トラブル時の対応

また、海外出張では、予定していた飛行機に乗れなかったり、予約したはずなのにホテルの部屋が取れていなかったりなど、たびたびトラブルに見舞われます。その点、旅行会社に手配をしてもらっていれば、こんな時に気軽に相談できたり、その後の対応も迅速に手配をしてもらえたりなど、海外で英語に不安がある人にとっては旅行会社での手配は大きな安心材料になります。

 

価格が安いこともある

旅行会社に特定のフライトの格安航空券の在庫がたくさん残っていたり、旅行会社とホテルが提携している場合などは、Web経由で個人予約するよりも安く予約できる場合も多くあります。特定の航空券とホテルのセットで格安で販売されているプランもあるので、旅行会社のホームページをまめにチェックしておくと、思わぬ掘り出しものに出会える可能性もあります。

 

現地情報の収集

旅行会社の窓口の人には、旅行を趣味にしていて、世界各地へ実際に行って現地の状況を熟知している方も大勢います。出張先の情報に詳しい人に担当になってもらうことができれば、パンフレットやネットにも出てこないような情報を得られることもあります。

 

海外出張の手配に旅行会社を使うデメリットとは?

By: Victor

企画料や手数料が余計にかかる

旅行会社はサービス業ですから、旅行の企画料や手配の手数料が別途かかります。また、一度契約した後に、仕事の都合で出張が中止になったり、契約後にさらに安く行けるプランを見つけて解約したい場合には、キャンセル料がかかることになります。

 

利用できる航空会社やホテルが限定される

旅行会社では、基本的に提携している航空会社やホテルから紹介されますから、Web検索で個人で調べるよりも狭い選択肢から手配してもらうことになる可能性があります。旅行会社から紹介されるホテルは、中級より上のレベルのホテルが多いように思いますので、兎に角、出張費用を抑えたい、というような場合には、個人で手配した方が希望のホテルは見つけやすいかも知れないです。

 

パッケージツアーでの手配だと、現地での自由度が低い

旅行会社で手配するツアーというと、利用する航空会社や移動手段、宿泊するホテル、訪問する観光地などの旅程が事前にしっかりと決められている「パッケージツアー」(募集型企画旅行)のイメージがあります。この場合は、自由に行動できるフリータイムが設けられている場合もありますが、それを踏まえてもプランが詳細に決められており自由度が低いため、海外出張の目的であれば、相当旅程が一致するものでない限りは合いません。

ただし、最近では、「ダイナミックパッケージ」という呼び名で、航空機や移動手段、ホテルなど一定の指定範囲はあるものの、その中から旅行者が自由に選べるタイプの旅行パッケージが増加しています。目的地を設定すると、最安値の組み合わせを紹介してくれたりもしますので、個人で手配するのに近い形となっているため、このツアーであれば出張の行程やスタイルに合わせて組むことができます。

 

 - 旅行会社