海外出張はじめました

英語の不安は、準備で解消しよう!

海外出張の体験談 ~ 中国・香港

   

年齢・性別

40代・女性

 

これまでの海外出張の「経験」

はじめて

 

「職業」と、今回の海外出張の「目的」、「滞在期間」、「同行者」

職業はプロの通訳ではありませんが、英語ができるということで、臨時の英語の通訳として、鞄工場の検品及び、話し合いのために日曜日を含む4日間、香港へ行ってきました。同僚・上司と一緒。

 

仕事をすすめるうえで、文化の違いなどで、苦労したこと、失敗したこと、反省点など

今回、私は鞄の製造、販売会社の日本語と英語の通訳のお仕事で、日本の会社のために動いてくれる香港人の方との通訳のために行ったのですが、鞄を製造している工場は中国本土にあり、私が、日本から一緒に行った日本の会社の方のために日本語⇆英語のやり取りをして、香港人の方が英語⇆中国語で工場の方とのコミュニケーションをとってくれるという、2重通訳があったために、時間がかかってスムーズではなかったことでストレスを感じました。

英語を話している時に、日本語で何か言われてると、日本語の方にも気を取られてしまって、きちんと英語の内容が聞き取れなかったりして、もう一度聞い直したりすることがあったりしたことが大変でした。質問や受け答えをしている、日本人の方と、中国人の方も通訳をしている側のことを考えてくれて、話を区切りながら話をしている時はいいのですが、長く話しているとどのタイミングで日本語にするかというのが大変でした。プロの通訳ではないので、そのタイミングを取るのが下手だったので反省し、改善しないとダメだと思いました。

 

仕事以外の場面で、楽しかったこと、苦労したことなどをおしえてください。

 

楽しかったこと:

日曜日を含む仕事だったので、日曜日は丸々お休みだったので、自分の時間として色々と観光へ行くこともできたことは楽しかったです。女人街での買い物やビクトリアピーク(何も見えませんでしたが)などプチ観光も出てたことは良かったです。また仕事が終わってから、香港人の仕事仲間が連れて行ってくれる、香港のレストランが美味しかった!やっぱり食べることは楽しいです。

早朝にホテルの近くの公園へ行くと太極拳をしてるグループが見ることができて、穏やかな気持ちになれ、帰国後に私も太極拳のクラスを受講しました。

 

苦労したこと:

私はかなりの方向音痴なので、前もって香港の地下鉄を勉強をしておけばもっとスムーズに移動ができて楽しめたかもとも思っています。道に迷ったりしたロス時間がもったいなかったです。

私は中国語が全くできないので、タクシーに乗った時には運転手さんは英語が全く話ができなかったので、コミュニケーションが取れなかったのは大変でした。

 

海外出張に際して、日本からもってきて便利だったもの、なくて困ったもの

 

便利だったもの:

日本から持ってきて便利だったものはやっぱりインスタントの食べ物。特にお腹を壊した日本の会社の方はそれ以後、食べ物に気をつけていたので、ホテルの部屋にあった湯沸かし器でインスタントの味噌汁を作って食べていました。

インターネットのルーター

以前にヨーロッパへ行った時に、変換プラグ・アダプターを買っていたので、それはとても便利でした。日本のプラグとは違うので、それをつけるとホテルのコンセントも問題なく使えました。

 

なくて困ったもの:

香港は安いので、女人街で色々と買い物をしたので、旅行用の衣類圧縮袋があればよかったと思っています。圧縮袋がなかったので、新しい機内持ち込みができる大きさの軽いバッグを購入しました。

携帯用のバッテリーは持って行ってたのですが、ソーラーパネルがついた携帯の充電バッテリーがあればよかったって思っています。香港から電車に乗って中国側(香港も中国ですが、制度が違うので中国本土と書かせていただきます)へ行き、そこからまた車で移動とかだったので、1つの携帯バッテリーではギリギリだったので、ソーラー充電バッテリーがあればよかったと思います。

 

 - 中国