海外出張はじめました

英語の不安は、準備で解消しよう!

海外出張の体験談 ~ 中国・広州

   

「年齢」、「性別」

40代・男性

 

これまでの海外出張の「経験」

数回程度

 

「職業」と、今回の海外出張の「目的」、「滞在期間」、「同行者」

職業は会社員で商品企画をしています。今回の目的は、広州で開かれた展示会への出展と一部商品の買い付けです。社員2名で4日間で行ってきました

仕事をすすめるうえで、文化の違いなどで、苦労したこと、失敗したこと、反省点をおしえてください。

中国を差別するわけでもないのですが、いつも中国で気を付けることといえば、その品質と納期です。このどちらも杜撰と言わざるを得ません。

今回、自社の商品を紹介するため、広州の国際展示会に出展したのですが、その準備段階、サンプルの広州での作成でもひやひやもの。納期の1週間以上の遅れ、また、初回で上がってきたものが、本来と違うものが上がってきました。今回は、経費削減もあったので、現地での展示品サンプルの作成を、しかも、新しい工場で実施したのですが、従来の倍以上の労力を使うことになってしまいました。

結局、その工場、広州からバスで1時間くらいの場所なのですが、そこまで出向き、実際の企画書を再度説明し、作り直し。さらにはその場所で宿泊しなくてはならないにも関わらず、ホテルもすぐに見つからずほとんど野宿の様な状態で、近くの簡易宿泊施設へ。なかなか、外国に来て、プライバシーを守られない場所の睡眠って不安でした。ひとまず、なんとか間に合ってよかったです。

 

仕事以外の場面で、楽しかったこと、苦労したことなど

広州自体は10回以上訪問しているところですし、しかも治安も比較的悪い場所でもないので、一人でぶらぶら散策することが好きです。その際、必ず行うこと。そんなに時間もないので、ひとつは馴染みの小龍包を一人で、桶に入っているのを食べること。日本ではできない食べ方、しかもそれを一人で食べること、貴重な経験になります。結構、中に入っているお肉は、牛、豚、他・・とあり、この他=知ってはいけない肉が実は一番美味しいですね。どうやら、鹿系らしいのですけどね。

そして、もうひとつ行うこと。それは、現地のコンビニエンスストアに行くこと。日本にあるコンビニではありません。いつも思うのですが、日本のコンビニってなんでこんなにきれいで、品ぞろえもしっかりしているんだろうって思いますよね。やはり日本のコンビニが一番です。

でも、中国にいるときは現地のコンビニへ。このいい加減さが新鮮な気持ちになるのと、そのコンビニならではのものが売っているのも楽しいです。特にお菓子。チョコレートですと、甘すぎるのですが、お菓子は不思議な発見があります。

 

海外出張に際して、日本からもってきて便利だったもの、なくて困ったもの

いつも携行するもの。ウェットティッシュ。これは、広州でも販売していますが、もう、数年前なのですが、このウェットティッシュを現地のお店で購入したとき、その紙質が悪すぎて、かさかさ、さらにはすぐに破けてしまうようなものでした。現地の人曰く、ウェットティッシュを買うのでしたら、むしろ靴磨きシートの方が厚くて使いやすいよって・・でも、私、靴磨きシートで顔拭きたくないですよね。ですので未だに日本より携行しています。

もう一つはシャンプー。どうしても、水が硬水であることもあり、シャワー時の気分が全く違います。さらに頭洗う時にもその現地のシャンプーを使ってみると、そのパサパサ感が半端ないのです。以前、一般のホテルで使用したシャンプーはどちらかというと、これ石鹸?って思うようなもので、その時は少し長髪にしていたものですから、本当に大変でした。たとえていうなら、かなり強度なリンスインシャンプーというところでしょうか。ですので、日本製持参しています。

 

 - 中国