海外出張はじめました

英語の不安は、準備で解消しよう!

海外出張の体験談 ~ 韓国・ソウル

   

「年齢」、「性別」

40代・男性

 

これまでの海外出張の「経験」

頻繁にある

 

あなたの「職業」と、今回の海外出張の「目的」、「滞在期間」、「同行者」

職業は会社員、目的は商品の買い付け。

滞在期間は3日間。今回は一人(エージェントが韓国にいるので、現地での行動は2名で)で日本より行きました

 

仕事をすすめるうえで、文化の違いなどで、苦労したこと、失敗したこと、反省点など

南大門、東大門の市場、また韓国の方々の、対日感情というのは市場を歩いている限りですとほとんどないですね。

普段、東大市場のミリオレなどのファッションビルで販売しているような服や バックなどを、その工場で作成しているのですが、その視察も込めて、市場を3時間ほど、ぶらぶらしています。東大市場のミリオレなどがある場所はむしろ、日本人の小売買い付け客も多く、お客が日本人であることもその理由でしょうか。

まあ、都合の悪いことはハングルで書くし、しゃべりますしね。

エージェントもいるのですが、韓国の市場くらいでしたら、一人でなにか発見がないだろうかとうろうろしています。先日も、おもしろそうな糸を使ったニットを発見。簡単に言うと、伸びないニット、アウターのニットに最適というのがありました。

これを、ボトムに利用できないだろうかと、そのサンプルを購入し、工場へ。

なかなか、新しい発見はしづらいのですが、それでも見たことのない素材とかみるとわくわくしますね。

 

仕事以外の場面で、楽しかったこと、苦労したことなど

韓国では、ありきたりな料理は食べつくしました。そして、それぞれのお気に入りのお店も作ってあります。ここ数年、特に新しい発見がなくなってきているのも事実です。

そんな中、なかなか日本人が表通りは行くのですが、裏通りはなかなか行かないエリア梨泰院があります。仕事の関係で、そこのお店のオーナーと知り合って、先日初めて行ってみました。そのお店は韓国のお酒マッコリを主体にしたマッコリバー。お酒は確かに美味しいです。

サンプルを楽しんだ後、自称酒豪の私はボクスンドガをボトルでチョイスしてみました。マッコリ、美味いですね。

そして料理。実はここで書けない内緒の料理、日本では禁止となっている料理をいただきました。念のため、外国では食べても違反ではないですよ。いわゆる、日本のペット。

これまた美味すぎで参りました。このスープはやみつきになりますよ。一人でそのオーナーと楽しく会話しながら、お酒とスープ。さらにはキムチナムルも美味しくいただきました。

 

海外出張に際して、日本からもってきて便利だったもの、なくて困ったもの

帰るたびに持ってくるのは、荷物がかさばらない軽いおやつやサプリ、外国人のための急なお土産用文房具(折り紙や便箋)などです。

韓国は基本的に何でも売っていますので、海外出張という気分がほとんどありません。羽田空港から離陸したと思ったらもう着陸ですしね。

ですので、持参するものといったら、おつまみ。スルメやさきいか、イカせんべい、柿ピー、チロルチョコなど、少しずつ食べられるものを持ってきて、寂しくなった時にチビチビ食べるようにしています。

先日、ちょっと冒険心を持って、モーテルに宿泊したのですが、その時、食べるものを一応持参しようと思ってカレーのルーを持参しましたけど、結局使わなかったですね。

以前は、目薬、ポケットティッシュ、コンタクトレンズの洗浄液なども、現地で購入できるのか不安でしたので持ってきましたけど、今はありません。

段々と自分の体が韓国に慣れてきたようですね。適応能力とは人間の便利な機能と思いました。

 

 - アジア