海外出張はじめました

英語の不安は、準備で解消しよう!

海外出張の体験談 ~ 中国・香港

   

 

「年齢」、「性別」

30代・女性

 

これまでの海外出張の「経験」

頻繁にある

 

「職業」と、今回の海外出張の「目的」、「滞在期間」、「同行者」

サービス業を営むために頻繁に仕入れに向かう。滞在期間は平均3日から2週間幅がある。同伴者はいませんが、時々現地人の知り合いにガイドになってもらっている。

 

仕事をすすめるうえで、文化の違いなどで、苦労したこと、失敗したこと、反省点をなど

中国人の中でも香港は未踏の地でしたが、最近頻繁に出入りする様になりました。というのも、上海の大気汚染が深刻化されてから上海入りを控えているからです。

香港は大人の街として有名ですが、スリが多く発生する場所でもあります。とくに日本人はお金持ちというイメージを持たれていますので警戒しなければいけません。

私はよく観光客と間違われてしまうのですが、現地人には仕入れと土産物の購入の差はたういているとは思えません。

私が仕入先でスリにあったのは全部で3回、全てが鞄のチャックが開けっ放しなっていることが原因でした。

というのも、お恥ずかしいはなし、日本においての私の用心ぶかさはこの様なものですから、バッグのチャックが開けっ放しなんてことは日常茶飯事です。

もちろん日本での失敗も数多くあります。通行人の目が私のバッグに釘付けであったり、小銭が鞄の中でも散らばっていたり、車に小銭が落ちたりなど。しかし、スリに遭うということは日本では経験がありませんでした。まず高級そうなバッグを持ち女性1人で歩くということが、危険という認識を持つ必要がありました。

 

仕事以外の場面で、楽しかったこと、苦労したことなど

香港では食事が楽しみで仕方ありませんでした。世界のグルメで日本食同様の美食と思っているので、毎回香港グルメのために日程を多めに取ります。主に目的は中華料理、飲茶を梯子することです。

日本では、ミスタードーナツの飲茶でさえ頻繁に食べるほどの好物です。ほとんどは屋台ではなく店舗で食事を取る様にしていますが、食べ過ぎから胃もたれを引き起こすことは毎回のことです。だいたい同じ趣味の日本人と顔を合わせることもあります。以前にもここでお会いしましたね。という風にです。でも、双方とも目的の中華料理に夢中ですので特別な親好はありませんでした。

時々、新規開拓すればハズレだと思うお店もあります。大体は口コミで評判の名店へ出かけると大当たりですが、有名百貨店にはいるお店でも口に合わない場合もあります。料理が美味しくないのか衛生面が受けた受けないのかわかりませんが、とにかく来るんじゃなかったという結果になることもあります。

 

海外出張に際して、日本からもってきて便利だったもの、なくて困ったもの

ショッピングや買い出しの一人歩きになくてなならないアイテムは、風呂敷や手提げの小さなバッグです。

買い物先の買い物袋をぶら下げることは、周囲に観光客ですと宣伝していることにもなり、スリに会いやすいかもしれません。

できるだけ現地人に見える格好でなりすます方が安全を図ることができると思っています。現金を持ち歩かなくても、バッグを持っているとスリに狙われやすいためです。

全ての海外出張に言えますが、日本の常備薬は必ず持参するべきです。とくに胃腸薬と風邪藥ですが水が必要なく飲むことが可能な薬が必需品です。便利なアイテムは、機内使用する首枕とルームシューズです。

とくに帰国の機内では、心身ともに緩めておくことが必要です。そのためには、ハンドクリームやリップクリームなどのアイテムも持ち込めばリラクゼーションに役立つと思います。一つ注意が必要なことは、においを周囲に拡散するものと音の迷惑になるものは控えたほうが懸命です。

 

 - 中国